和気楽 | 自然情報ビジネスサイト with 縁と夢を結ぶ広場(ハブ)

facebook  twitter  お問い合せ  メールマガジン  和気楽日記(ブログ)

夢を叶える

点と点が重なる時、小さな夢(線)が始まります。
和気楽は、

知恵と自然の図書館(Wisdom- Nature-Library)
wakirakuJPで夢を観える化いたします。

 

夢を叶える_01

 

0.夢を叶える仲間たち・・

06

 

 

1.みちくさのススメ

 

 

■ 和気楽の「みちくさ」とは・・
自身の本質、無意識、社会”常識”の型にはまらない世界を和気楽は「みちくさ」とよんでいます。

 

社会で決められた道(規則)には意味があります。
しかし、その意味を忘れて道を進むと、時に迷子になる事があります。
和気楽の歩みは、自然の中の人生の意味を大切に
「自然とのつながり」「自分とのつながり」「人とのつながり」を感じる小さな冒険です。
みちくさは、時に止まり、時に話し、時に道なき道も歩いてみる。その時間を丁寧に過ごす事です。その為、知恵を集めるのが、知恵と自然の図書館です。

 

夢を叶える・みちくさのススメ_02
■ 和気楽はワクワクする仕組みを創ります。

 

知恵と自然の図書館(Wisdom- Nature-Library:wakirakuJP)と地域の自然でワクワクを創ります。

 

①  大人が子供の遊びからワクワクを感じる場づくり

 

②  子供が大人のシゴトからワクワクを感じる場づくり

 

③  大人と子供が一緒に遊べる場づくり(プレーパーク等)&「食と農」の組み合わせ、

五感(聴覚/味覚/嗅覚/視覚/皮膚感覚)のワクワクを磨きます。
結果、物語の本、場づくり、人や場の交差点(クロス・ファンクション)を創ります。

 

 
2.言葉の持つ力

備えのヒント、それは日本の古くからある生活の知恵です。

しかし、今の情報は刹那で流れ、揮発します。

その言葉の力を 和気楽が提案する3つの課題テーマで執筆しませんか・・しかし【食と農の課題】【子育ての課題】【大人の心の課題】の今ある本を並べるのが目的ではありません。

本を並べても使わなければ置物に成ってしまいます。
その為、現実の場所とつなげる知恵と自然の図書館(wakirakuJP)を試みます。

 

 

3.実現イメージ

wakirakuJPメインテーマ

 

PAGE
TOP